スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたはどっち派??

木造コンクリート造の違いって何??

よくある質問です!!

木造とはは耐火・耐震・耐久などの点で、他の構造に劣ると思われがちですが、決してそういう訳でもありません。

良く考えられた木造住宅は、少なくともその構造の柔軟性や、ねばり強さが、台風や地震の外力によく抵抗します。

また、手入れさえよければ、50年あるいは100年も使用に耐えるこのも可能です。

ただし、職人の技術と木材の品質によって、でき上がった建物の性能にはかなりのばらつきがというのも事実です。

したがって、構造計算によって建てられる他の構造の建築よりも、さらに厳重な工事監理が必要であるといえます。

いずれにしても、昔から木材に親しんできた日本人にとってみれば、実に温もりがあり、

親しみやすいものは間違いありません。



対して鉄筋コンクリート構造とは、

木造に比べ、耐久・耐震・耐火・防音などの性能が良いとされています。

しかし、適切な設計と優良な監理なしでは、これらの長所を発揮することはできません。

鉄筋コンクリート造の耐用年数は60年位とされていますが、きちんとした施工・監理がなされないと、

実際にはそれ以下の場合も少なくないのです。老化や風化が案外早いことも知られています。

 また、木造に比べベニヤで囲まれた型枠に液体状のコンクリートを流し込むので、デザイン上の自由度があります。

曲線や三角形なども割高にはないますが、可能です。

工期は、コンクリートが固まるのに1ヶ月程度かかるので、その分、木造に比べ長くかかります。

また、鉄筋コンクリート造は、容易に増築や改築がしにくいために、

生活様式や家族構成の変化に追随しにくいことも考えられます。



との事です。

あなたはどちらの構造で賃貸のお部屋をお探しになりますか??

スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。